モンテカルロ法

元々はシミュレーションや数値計算を乱数を用いて行なう手法のことですが、

モナコ公国モンテカルロのカジノを破産させたと言われる攻略法。

配当率が3倍のものに有効な戦略です。

1 まず、紙を用意し、そこに1、2、3と書き入れます。これが基本となります。

2 両端を足した合計が最初の投資金額です。つまり初めの賭け金は4ドルです。

3 もし負けたら、1、2、3の後に4と書き足します。

そして、その両端、つまり1と4を足した合計(5ドル)を賭けます。

ここで勝ったら振り出しの初回投資額(4ドル)を賭けます。

4 以降、負けが続けば数字を一つずつ増やしていき、常に両端を足した合計を賭けていきます。

5 的中したら、その時点で両端から2つずつ、数字を消去します。

賭け率2倍のベットやブラックジャック、バカラの場合は両端の数字を一つづつ消していきます。

6 2つずつ消去して数字が一つだけ残るか、あるいはなくなったら終了。

これで1セットです。この時点で収益が発生しています。続ける場合は、1に戻ります。

この攻略法はルーレットのほか、ブラックジャックとバカラにも使えます。

No tags for this post.