31法=2連勝法

この方法はバカラなど2倍賭けのベットに使えます。

まず、31枚のチップを資金として用意します。

1枚づつは1ドルでも5ドルでも10ドルでも構いません。

この攻略法の目的は2連勝して勝つことです。

2連勝することによって利益が発生します。

決められたシリーズベットの中ならどこでも、1回勝った時の利益をそのまま上乗せして2連勝目に賭けます。

それが成功すればそのシリーズは終わり、それまでの損失を補填して同時に利益を発生します。

このシステムの背景にある発想は、9回賭ける間にどこかで2連勝があればいいというものです。

具体的に説明します。

次のような単位でベットしていきます。

合計すると31枚(31単位)です。

レベル1  1 1 1

レベル2  2 2

レベル3  4 4

レベル4  8 8

このように9回の勝負を通じてベットの単位が4段階に増やされていきます。

次の場合にシリーズは終了です。

a. 2連勝した時(その後はまたレベル1の最初に戻ります)

b. 負けた時(しかし、シリーズベットは前記計画のまま継続します)

最初の1枚のチップを賭けて負けたらシリーズは終わりです。

その時点でチップ1枚の損失。

次にレベル1の2回目の1枚を賭けます。

それに勝ったら、2枚を丸ごと賭けます。

そこで負けたら連勝はならず、チップ2枚の損失。

しかし、レベル1の3回目の1枚が残っています。

その1枚を賭けます。

しかし、また負けたとします。

これでチップ3枚の損失です。

ここからレベル2に入ります。

今度はチップ2枚づつ賭けます。

レベル2の1回目の2枚で勝ったとすれば、次に4枚丸ごと賭けて連勝を狙います。

そこでようやく連勝を果たせば8枚のチップが手に入ります。

そこまで5枚使って8枚取ったわけで損失が補填され3枚の利益となります。

これで上記(a)の条件を満たしたのでシリーズが終了し、

またレベル1の1回目の1単位のベットから始めます。

このようにどこかで2連勝すれば、それまでの損失が補填されて利益が発生するものです。

では、もしレベル4の2回目の8単位をベットするまで2連勝できず、

最後まで負けてしまったらどうなるかといえば合計31枚(31単位)負けるということになります。

つまり、最悪負けた場合の損失を事前にコントロールすることができます。

最後の最後、レベル4の2回目の8枚で勝ち、

次に16枚賭けてやっと連勝した場合は、それまでに31枚使って32枚取ることになり、

9回のシリーズベットを通じて9枚の利益となります。

No tags for this post.