98.48%法

この方法は前記の65パーセント法を発展応用させたものです。

よくオークションなどで有料で販売されている情報です。

まず、分かりやすくするために解説においては、

1st12( 1~12)を1枠、 2nd12(13~24)を2枠 3rd12(25~36)を3枠 と表現(ダズン)し、

再下段の3つの1to2に関しては、

左から A列(1 4 7 10 13 16 19 ・・・34)

B列(2 5 8 11 14 17 20 ・・・35)

C列(3 6 9 12 15 18 21 ・・・36) と表現します(カラム)。

 
① とりあえず、賭けないでルーレットの「SPIN」をクリックしてゲームを開始します。

(スルーできないタイプの場合は「赤」と「黒」両方に最低ベット賭ける)7の目が出たとします。

7は、1枠とA列に属します。

② 続いて「SPIN」をクリックして1ゲーム目を始めます。

1枠(1~12)あるいはA列(1 4 7 10 13 16・・・ 34)に

属する数字あるいは0が出れば、スルー1として2ゲーム目に 進みます。

たとえば、1ゲーム目で、9が出た場合は、7と同枠として2 ゲーム目に進みます。

2ゲーム目は、A列はスルーの対象から外れ、1枠のみが対象 となります。

1ゲーム目で、7と枠・列のいずれも一致しない数字が出た場合は、

その数字の枠と列と0 を基本として ②に戻ります。

例えば、1ゲーム目で36が出れば、3枠とC列を基本として②に戻ります。

0が出て場合は、スルーが成功として次のゲームに進みます。

③ 1ゲーム目で同枠または同列の数字あるいは0が出た場合は、

「SPIN」をクリックして2ゲ ーム以降を進めます。

例えば、3が出た場合は、7・9・3と同枠の数字が連続していますので、

スルー2として 3ゲーム目に進みます。

1枠と0以外の数字(13~36)が出れば、その数字の枠と列を基本として、②に戻りま す。

④ ②~③同様にスルーを続けながら、希望する勝率に達するまでゲーム数を進めます。

3ゲームからチャレンジするならば、連続している1枠を外して2枠と3枠に賭けます。

3ゲーム目の的中率は、95.66%ですので、稀に不的中のケースがあります。

3ゲーム目をスルーして1枠(1~12と0)の数字が出れば、

スルー3として4ゲーム目 に進みます。

3ゲーム目をスルーして1枠以外の数字が出れば、その数字の枠と列を基本として、②に戻 ります。

4ゲーム目からチャレンジするならば、連続している1枠を外して、2枠と3枠に賭けます。

4ゲーム目の的中率は、98.48%です。

もちろんルーレットの回転そのものは以前の回転の影響を一切受けないという考え方もできますが、

同じ目、同じカテゴリーが連続する確率から見た観点も成り立つわけです。

これは、その論点に基づいた攻略法といえます。

#インペリアルカジノなどエベレスト系カジノのルーレットの空スピンのやり方

=練習モードで空スピンをします。ベットするときにリアルモードに切り替えます。

No tags for this post.