バーレー系攻略法

ベッティングシステムは、二種類に分類することができます。

マーチンゲール系とパーレー系です。

マーチンゲール系は、

負けた場合に次のゲームの賭け金を上げることによって賭けた金を取り戻す戦法です。

短所としては、十分な持ち金がないと、資金が途中でなくなる場合があります。

それに、連敗していくと、ベット額がテーブルのMax Bet (最大ベット額)を超えることがあります。

パーレー系は、負けを取り戻すのではなく、連勝したときに勝ちを大幅に増やす戦法です。

基本的に勝った場合に次のゲームの賭け金を増やします。

この戦法であれば、途中で負けても失うものは少ないです。

今回ご紹介するのはパーレー系の攻略法になります。残念ながらこの攻略法には名前がありませんが、

パーレー系の特徴である負けたときのリスクを抑える効果がより高い攻略法です。

方法は簡単です。

配当2倍のゲームで、負けた場合は次も前と同じベットサイズ(掛金)で賭け続けます。

勝った場合、賭け金を1ユニット増やします。

(ただしその時点で累計損益がプラスマイナスゼロの場合は

賭け金を増やさず、1ユニットだけを賭けます)

それを続けて、1ユニットの利益が出た時点でセット終了です。

1ユニットプラスになってセットが完了したら、そこで止めるかまたは新たなセットを始めます。

10連敗したとしてもマーチンゲールと違って賭け金が異常にふくれあがることがないので、

穏やかな方法といえるでしょう。

例を書きます。1ユニットを1ドルとします。

掛金    結果    累計

1回目  1ドル   ×     -1ドル

2回目  1ドル   ×     -2ドル

3回目  1ドル   ×     -3ドル

4回目  1ドル   ×     -4ドル

5回目  1ドル   ×     -5ドル

6回目  1ドル   ×     -6ドル

7回目  1ドル   ○     -5ドル

8回目  2ドル   ×     -7ドル

9回目  2ドル   ○     -5ドル

10回目  3ドル   ×     -8ドル

11回目  3ドル   ○     -5ドル

12回目  4ドル   ○     -1ドル

13回目  5ドル   ○     +4ドル

5勝8敗でも13回目で利益が出ます。最大賭け額は5ドルです。

累計の最大のマイナスは8ドルです。

同じ勝敗でマーチンゲールだとこうなります。

掛金    結果    累計

1回目  1ドル    ×     -1ドル

2回目  2ドル    ×     -3ドル

3回目  4ドル    ×     -7ドル

4回目  8ドル    ×    -15ドル

5回目 16ドル    ×    -31ドル

6回目 32ドル    ×    -63ドル

7回目 64ドル    ○     +1ドル

8回目で完了して1ドルの利益が出るのはいいですが、

最大賭け額が64ドルになってしまい、かなりリスクを感じます。

この攻略法は、勝ちの波にのれば、どんどん賭ける金額が上がって大きな儲けが狙えます。

逆に、あまりツキがないときは数字が全部消えてしまいますが、

負けてもいい金額を決めておけばそれ以上は負けません。

1ユニットをいろいろ工夫してみてください。

自分のツキを冷静に見極めて、

システマチックに賭けることができる方には、最適の戦法になるかもしれません。

No tags for this post.