ウィナーズ投資法

勝敗の確率が2分の1のゲームに有効。

例えばコインの表か裏を当てるゲームをするとします。

表が”○”で裏が”×”です。

表と裏の数が揃った時点で1セットが終了です。

つまり”○”と”×”の個数が同じになったら1セット終了という事です。

まず最初に100円を賭けたとします。裏(×)が出たので-100円です。

1回

×

100

2回目も100円を賭けます。また裏(×)が出たので合計で-200円になりました。

1回2回

× ×

100 100

そして2回連続裏(×)が出た場合は、

最初に賭けた金額(オレンジの位置)の2倍を3回目に賭けます。

つまり3回目は200円を賭けることになります。

また裏(×)が出たので合計で-400円となりました。

1回2回3回

× × ×

100 100 200

前回がはずれた為、4回目はもう一度同じ部分(オレンジ位置)の金額の2倍を賭けます。

今度は表(○)が出たので合計で-200円になりました。

1回2回3回4回

× × × ○

100 100 200 200

前回表(○)が出たので、5回目は先ほど2倍していた位置から

1つ右にずれた位置(オレンジの位置)を2倍して賭けます。

裏(×)が出たので合計で-400円となりました。

1回2回3回4回5回

× × × ○ ×

100 100 200 200 200

前回は裏(×)が出たので、6回目は先程と同じ位置(オレンジの位置)を2倍して賭けます。

裏(×)が出たので合計で-600円となりました。

1回2回3回4回5回6回

× × × ○ × ×

100 100 200 200 200 200

前回は裏(×)が出たので、7回目も同じ位置(オレンジの位置)を2倍して賭けます。

表(○)が出たので合計で-400円となりました。

1回2回3回4回5回6回7回

× × × ○ × × ○

100 100 200 200 200 200 200

前回が表(○)だったので、8回目は先ほど2倍していた位置から

1つ右にずれた位置(オレンジの位置)を2倍して賭けます。

また表(○)が出たので合計でプラスマイナス0円となりました。

1回2回3回4回5回6回7回8回

× × × ○ × × ○ ○

100 100 200 200 200 200 200 400

前回が表(○)だったので、9回目は先ほど2倍していた位置から1つ右にずれた位置

(オレンジの位置)を2倍して賭けます。またまた表(○)が出たので合計で+400円となりました。

1回2回3回4回5回6回7回8回9回

× × × ○ × × ○ ○ ○

100 100 200 200 200 200 200 400 400

前回が表(○)だったので、10回目は先ほど2倍していた位置から

1つ右にずれた位置(オレンジの位置)を2倍して賭けます。

次も表(○)が出たので合計で+800円となりました。

1回2回3回4回5回6回7回8回9回10回

× × × ○ × × ○ ○ ○ ○

100 100 200 200 200 200 200 400 400 400

10回目で表(○)と裏(×)の数が同じになったので、

1セット終了となり、結果は800円のプラスとなりました。

このようにウィナーズ投資法は、表(○)と裏(×)の数が同じになった時には、

必ず賭け金がプラスになっているのです。

ウィナーズ投資法はバカラのような2分の1の確率のゲームに有効です。

No tags for this post.